CSR SDGsの取り組み

スズデンが取り組むSDGs

SDGsとは
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」
2015年に国連で採択された、世界にある課題を世界で解決するための国際社会共通の目標です。SDGsは17の目標と169のターゲットから成り、2030年までにこれらの目標を達成するために、企業の参画・貢献が求められています。

スズデンは「もの造りサポーティングカンパニー」として、社憲に込めた思いのもと、販売活動や商品・サービスを通して社会的課題を解決することで、持続可能な社会の実現と企業価値の向上を目指します。

そして、社員一人ひとりが、持続可能な未来のためにできることを一歩一歩の歩みで取り組み、浸透させていきます。

事業活動を通したSDGs

■制御機器、ロボット等による省力化への貢献

⇒制御機器やロボット等を導入いただくことにより、お客様の「もの造り」の生産性を向上し、
社会の労働力不足の解消に貢献していきます。

■環境配慮型商品によるエネルギー消費の抑制

⇒環境にやさしい商品を導入いただくことにより、お客様の製造現場におけるCO₂排出および電力等のエネルギー消費の抑制に貢献していきます。

一人ひとりのSDGs

■「マイカップ・マイボトル」の推進

⇒ペットボトルの原料となるプラスチックは、地球温暖化や海洋資源への影響など環境破壊につながる世界的な問題になっています。
当社では全社員へマイカップ・マイボトルの使用を推奨し、ペットボトル使用量削減による地球環境保護を推進していきます。