IR基本方針

1.方針

当社は、事業活動同様、IRの重要度を認識しており株主・投資家の皆様に適時・正確かつ公平な情報を提供してまいります。

金融商品取引法及び東京証券取引所の定める適時開示に関する規則に準拠した情報ならびにその他の重要な情報を適時かつ公平に公開するほか、当社を理解していただくために有効な情報につきましても、正確かつ迅速に本ホームページ上に公開いたします。

2.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、プレスリリースでの発表や有価証券報告書への掲載等、所定の開示のほか、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システムTD-NET及び金融庁より行政サービスの一環として提供されているEDINETにて公開しています。ただし、本ホームページには当社が開示した情報の全てが掲載されていない場合があります。また、他の方法で開示された情報とは必ずしも同一でない場合もあります。

3.業績予想及び将来の予測に関する事項

当社が開示する情報の中には、当社の将来の戦略・見通し・見解等が含まれている場合がありますが、実際の業績は、当該時点における様々な環境変化等の外的要因により、これらの見通しとは大きく異なる結果となりうる可能性もあり、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報、その誤りやデータのダウンロード等によって被られたいかなる損害につきましても、当社は一切責任を負うものではありません。

4.沈黙期間

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを控えさせていただきますのでご了承ください。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、業績予想修正として適宜開示いたします。